代表の翁長です。弊社は沖縄県内の中小企業様を対象に、コーポレートサイト開発の受託業務を行っております。よくある質問として「保守業務ってなんですか」という質問をいただきます。

 

「保守業務ってなんですか」という質問の意図は、

 

「具体的な内容がイメージしにくい一方で、ランニングコストが発生することの納得感が得にくい」

 

ということだと思います。何にお金を払っているのかわからないけど、言われるがまま、という企業様も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は保守業務とは何か、ということを書いてみたいと思います。保守業務についての記事はweb上に多くありますが、誰でも理解できるようなるべく平易かつ詳細に説明したいと思います。
また、弊社の扱うWordPressをベースに記述したいと思います。

 

 

 

 

保守作業とは何か?

 

 maintenance


保守業務とは上記図で赤くなっている部分。

運用業務と混同されがちですが、簡単に言うと、「作ったサイトが正常かつ快適に挙動するための環境を整える作業」のことです。ちなみに運用業務は「作ったサイトをどう活用していくのか考え、実行していく業務」です。メンテナンスとマネジメントですね。

 

 

 

保守の必要性について

1.プログラムなどのシステムに関する保守の必要性

世界中の技術者たちが作ったプログラムを共有し、自由に参照できるオープンソースと呼ばれる仕組みがあります。

 

そのため、現在は1からエンジニアリングをしなくても世界中のエンジニアが共有したソースコードを使って安価で高品質なHPの開発が可能になりました。
また弊社のコーポレートサイト開発はWordPressというオープンソースソフトウェアを使用します。
WordPressを使わなくてももちろん制作は可能ですが、それなりのクオリティのものを制作するにはそれなりの費用がかかってしまいます。

 

 ■WordPressを使う理由

・エンジニアリングの知識がないお客様でもHPを更新できるCMS(Content Management System)という機能

・技術者が公開・配布するプログラムが多く、機能拡張が容易

・日々セキュリティの更新などを行っており、堅牢

・検索エンジン(SEO)に強い

等の理由が挙げられます。

 

広く普及しているソフトウェア(世界中でのシェア率が86.3%)なので、世界中の有志のエンジニアの方々が機能追加等の開発やセキュリティ等の脆弱性を取り除くため、日夜開発されています。そのため、自分でコードを書かなくても、機能やセキュリティが強化されていくわけです。とても便利ですね。


しかし、相応のデメリットもあります。上記を享受するためにはアップデートが必要になってきます。OSやofficeソフトのアップデートのアラートをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

WordPress自体をアップデートする必要もあれば、プラグインと呼ばれる機能追加ができるソフトウェアのアップデートが必要な場合もあります。ですので、基本的には常に最新バージョンに対応したものに変更する必要があります。

 

要約すると、

少ない費用で高品質のサイトを作成するならばWordPressで制作することが望ましいが、更新作業が必要

というわけです。

また、その他オープンソース(MTOS Joomla!,Drupal,XOOPS等)も同様です。

 

 

 

2.サーバなどのインフラに関する保守の必要性

■基本業務

・ログの定期チェック、エラー監視

・サイトのデータのバックアップ・管理

・障害対応

 

■やらなくてもサイトの運用には支障はないが、何かあってからでは遅い

「これまで不具合があったことがない」というお話をよくお伺いします。それは更新の頻度やサイトの機能要件に比例しています。

 

例えば、スマートフォン対応、というだけでサーバに負荷がかかります。プログラムの中に、「スマホだとこういう見た目、PCだとこういう見た目にしなさい」というコードが書き込まれていて、データベースへのアクセスが必要になってきます。サーバに負荷がかかればその分不具合が起きる可能性が大きくなります。

 

不具合、というのは、サーバが落ちた、アクセスできないという大きなものから、画像が表示されない、記事が表示されない等の小さなものも含まれています。

 

不具合がおきて、復旧しようと思ったらバックアップが取られていなかったので今までのデータが消えてしまったということもあり得る話です。そのため、バックアップやログのチェックは必要です。

 

 

 

保守業務は制作会社へ任せるべきか?

ここまで、つらつら書いてきましたが、自分たちでできればコストが削減できるのではないか?というのは当然考えるべきことです。

結論から言えば、できる人がいれば自社で、いなければ制作会社へ任せてください。

 

保守作業は必ず制作会社に任せなさい、ということは間違いです。しかし、知識のないことを自分で勉強しながらやるよりも、任せた方が圧倒的にコストがかかりません。


例えば、労務管理業務は社会保険労務士に委託することがほとんどだと思いますが、自分で勉強をして労務管理を行うことは考えにくいのではないでしょうか。webについてもそれと同じことが言えます。

 

 

 

保守費の相場

保守費は会社によって異なりますし、やることによっても異なりますので一概には言えませんが、7,000〜50,000円が相場なようです。

 

安い業者はバックアップは基本業務だが、ソフトウェア更新作業等は別途費用というケースが多いです。安い方が良いと考えるのは当然です。ただし、どこまでやってくれるのか、ということをしっかり把握しておかないと、結局別途費用がかさんで同じ水準の支払いまたはそれ以上になることもあります。

 

以上保守費について、説明をしてみました。

 

 

 

少し宣伝。

 

弊社は基本的には全てお任せいただける体制で、保守費用15,000〜25,000の金額でやっています。相場から言えば最安値ではないが納得感のある金額ではないかと思います。運用業務が入ると別途見積もりです。

 

また弊社の開発はWordPressテンプレートを使ったものからフルスクラッチでの開発等、お客様のご要望に合わせた開発を行っております。お客様の多くは沖縄の中小企業様となっています。費用感としては20〜60万円程度で受注することが多いです。

 

お客様の声をしっかりとヒアリングし、喜んでいただけるよう、今後も努めてまいります。

 

作成を検討している段階でも構いません。情報収集としてお使いいただいているお客様もいらっしゃいます。無料ですので、お問い合わせ等は下記からお気軽にどうぞ。

 

また弊社では求人活動をする皆様の大きな味方、求人サービス『share』の運営も行っています。即戦力人材を直接スカウトすることが可能なサービスです。こちらもどうぞよろしくお願いします。

 

 

think about maintenance work.

 

We are targeting small and medium-sized enterprises in Okinawa Prefecture , we do contract work of the corporate site development. Frequently you will the question ,

“What is maintenance  work? ”

as a question .

The intent of that question is

” While the specific content is hard to image , difficult to obtain convincing that the running cost is generated .”

And You do not know what to whether they pay the money , while it is said , I think in companies like many that.

So, this time I would like to write something, that it is a maintenance business. About maintenance business is there are many on the web, but anyone would like to explain as much as possible plain and in detail so that you can understand .

The type of maintenance work

It is often confused with management business, in a nutshell , is that of

” work create an environment for making the site behaves normally and comfortable ” .

By the way management business is

” thinking or going to take advantage if the created site, business to continue to run .”

The need for maintenance work

1. The need for maintenance on the system , such as program

To share a program that engineers around the world have made , there is a mechanism called open source that can be referenced freely .

 

Therefore, the current is now possible to develop a high-quality HP at a low cost by using the source code that was shared by engineers around the world without the engineering from the 1.

Also our corporate site development will use the open source software called WordPress. Of course, production without using WordPress is possible, to produce things of decent quality will get a decent cost .

 

■ Why use WordPress
– Be able to update the HP also in your there is no knowledge engineering feature called CMS (Content Management System)
– And engineers are many programs to be published and distributed , easy enhancements
– Day-to-day has been made , such as security updates , robust
– Search strong engine (SEO) Reason etc. will be like.

 

So widespread software ( share rate of 86.3 percent of all over the world ) , because the people of the engineers of volunteers around the world get rid of vulnerability, such as the development and security of such additional functions, it has been developed day and night .

Therefore, even without writing the code yourself , it is why functions and security will be enhanced. It is very convenient I think.

However, there is also a corresponding disadvantage. In order to enjoy the above You have to update.

It might be easier if you understand and image the alert of OS and office software updates .

Some need to update your WordPress itself , there is also a case of software updates that can add functions that are called plug -in is necessary.

So, you need to basic update that always corresponds to the most recent version.

In summary,

While it is desirable to work with WordPress If you create a high-quality site with less cost , it needs to be updated work.

In addition , other open- source (MTOS Joomla!, Drupal, XOOPS , etc.) is also the same.

 

2. those related to infrastructure , such as a server

■ Basic business
-Log periodic check of , error monitoring
-Site backup and management of data
-troubleshooting

 

It is no use crying over spilled milk

There is no hindrance to the operation of the site may not do, slow from there something.

You will often hear a story that ” this is not that there was a failure to ” .
It is proportional to the functional requirements of the update of the frequency and site .

 

For example it takes a load to the server with just a smartphone.

In the program , have code of “let in such appearance that’s PC that’s Smartphone ” is written , it has become necessary to access the database .

Possibility that the minute defect occurs if take a load on the server will increase .

And trouble is,there are from large to small.

 

Trouble is happening , it is also possible story that because the backup If you think trying to recovery has not been taken data up to now have disappeared . Therefore , backup and log of the check is required .

 

■ Should maintenance business leave to the production company?

So far , whether it has been written, not as it can reduce costs if possible on their own ? It is to be considered of course because .

Speaking from the conclusion, in-house if possible person is put , please leave to the production company if there are no.

 

It is a mistake that you always should be left to the production company about maintenance work.

However, rather than do it while studying on their own that there is no knowledge , those who leave do not take an overwhelming cost .

 

For example, the labor management business I think that it is almost to be entrusted to the social insurance labor consultant , or would not it is unlikely to carry out labor management to study on their own . The same is true with it for the web.

 

■ rate of maintenance costs
Maintenance costs are to vary by company , but does not say categorically different from you so also by the contents , seems yen 7,000~50,000 is market .

 

Cheap skilled in the backup ‘s basic business , but the software update work or the like is separately in many cases of cost . To think that cheap is better is a matter of course . However , to what extent do you me to , If you do not firmly grasp the fact that , you may also be the payment or more of the same level at additional cost is piling up eventually .

 

Above for maintenance expenses , I tried to the description .

 

With a little publicity

We are in a system where you can leave it all basically , you ‘re doing in the amount of maintenance costs 15,000 ~25,000 . While not in the lowest Speaking from the market I think that it is the amount of money that convincing . It is estimated separately and management business to enter .


In addition we have been developing to suit from one of our development is using the WordPress template such as the development of a full scratch , the needs of our customers . Many customers have become Okinawa small and medium-sized enterprises . The cost feeling is often to order in about 200,000 to 600,000 yen .

Testimonials firmly hearing the , so that you are willing , we will strive in the future .  

You can even stage you are considering creating . Some customers that our use it as information gathering .

So is free , inquiry etc. do not hesitate please from below .

翁長/Onaga