Vision

「沖縄の潜在能力を引き出し、更に魅力を高めていく」

当社はこのビジョンを持って、事業に取り組んで参ります。


一般的に沖縄は市場規模が小さいと言われています。しかしそれは即ち沖縄の企業の魅力がない理由にはなりません。むしろ企業の独自性が沖縄の魅力を高めていると言えるのではないでしょうか。ただし、その魅力が十分には伝えられなかったり、適切にマネジメントされておらず、いわば「宝の持ち腐れ」になっていることが往々にしてあります。


その一方で資金力や人材が満足に揃わない中小企業が、自社の商品やサービスを売っていくことは限界があります。そのため、中小企業が領域横断的に連携していくことが今後の沖縄には必要になると考えております。


加えて企業それ自体の活動の結果は、社会を豊かにするべきでなければなりません。一つの企業ではなかなか社会に対して大きなインパクトを与えることはできませんが、領域横断的な中小企業の連携によって社会に対してポジティブな形でインパクトを与えることができます。


現在、中小企業が連携していく機運は市場の中に少しづつ醸成されつつありますが、たまたま担当者が知り合いだった等の偶然的なものであり、仕組みとしての基盤があるわけではありません。


仕組みづくりの前提となるのはインターネットです。SNSやスマートフォンの普及によって、ニュースだけでなく多くの価値や価値観が共時的な形で体験され消費されていきます。その功罪はともかくとして、社会自体の価値観が変わろうとしているあるいはすでに変わっていることは、誰の目にも明らかです。しかし沖縄はまだまだインターネットの恩恵を十分に受けているとは言えず、多くのきっかけをみすみす逃してしまっています。


このような問題意識から当社は多くの企業、多くの人々にインターネットをベースとしたサービスの提供を通じてきっかけ作りをし、沖縄の魅力を高めていく事業を展開してまいります。


沖縄県は基地問題を初めとして、様々な利害や複雑な関係を孕んだ場所です。当社の取り組みが、諸問題の解決の一助になることを心より願っております。 

 

翁長駿次

代表取締役 社長